吟剣詩舞とは

吟詠「和歌 敷島の(序詠)」

  吟道瑞鳳流 宗家 原 瑞鳳 

 

 剣舞「大江山(起句承句)」

 青柳流剣詩舞道 原 義若 

 

 

詩舞「厳島(起句承句)」

 青柳流剣詩舞道 青柳芳藍子

 

 

【吟剣詩舞(ぎんけんしぶ)】

 「吟」は

 吟詠(ぎんえい)または

 詩吟(しぎん)の略です。

 

「剣詩舞」は

 剣舞(けんぶ)と

 詩舞(しぶ)の

 総称です。

 

 いずれも、精神を統一して行う

 清々しさが魅力です。

 

 【吟詠・詩吟】

 主に漢詩や和歌

 さらに俳句、新体詩、創作詩など

 あらゆる詩を題材にし

 節(旋律)をつけて歌います。

 

 吟詠の発祥については

 諸説ありますが

 江戸末期~明治維新頃に

 始まったものが

 現代の吟詠の形態に

 発展、普及しました。

 

 ご自分に合った音程で

 心地よく声を出すことで

 心肺機能の向上に繋がります。

 また、滑舌が良くなったり

 言葉の表現力が増すでしょう。

 

【剣舞】

 吟詠や音楽に合わせて

 主に日本刀(模擬刀)を用いて

 詩の内容を表現する舞です。

 剣舞の発祥が武道である為

 舞の中の刀法が

 居合や古武術に従っているのが

 特徴です。

 剣舞をすることで

 自然と体幹が鍛えられていきます。

 

【詩舞】

 剣舞から派生した舞で

 主に扇を用いて舞います。

 剣舞より柔らかな振りが特徴です。

 詩の内容を情感豊かに表現します。

 詩舞をすることで

 自然と体幹が鍛えられていきます。